【犬はぶどうを食べていいの?】ぶどうが引き起こす症状と危険性


【犬はぶどうを食べていいの?】ぶどうが引き起こす症状とその理由

犬の食べてはいけないものにチョコレートやネギがあることは有名です。しかしそれと並んで危険な食べ物に〔ぶどう〕があることはご存知でしたか?
ぶどうは栄養価が高く、犬にとって良さそうな気もするのですが、実は危険な成分が潜んでいるのです。ではなぜ犬がぶどうを食べてはいけないのでしょう。食べてしまうとどうなってしまうのでしょう。今回は、そんな犬とぶどうの関係性を紹介していきます。最後に「もしも、ぶどうを食べてしまった時の対処法」も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

机の上のブドウ食べていいかな?
勝手に食べちゃダメよ、それにブドウは危険な食べのもなのよ!

ぶどう中毒と危険性

ぶどうを食べた犬はどうなるのか?

ぶどうには犬にとって中毒を引き起こす成分が含まれている可能性があることが最近わかりました。このことが分かったのも比較的最近のことであるため、まだ知らない人も多いようですが、実は与えすぎると命の危険もある危険な果物なのです。

犬がぶどうを食べると中毒症状を起こします。
中毒症状は、食べて2〜3時間経つと、嘔吐や下痢を繰り返すようになります。この中毒症状が酷くなると、腎不全を起こし、場合によっては重症化、死に至るケースもあるようです。それほど、ぶどうは犬にとって危険な食べ物なのです。
その他、食欲低下、震え、呼吸や脈が早くなるなどの症状がでる犬もいるようです。

中毒症状を引き起こした犬の血液検査では、腎機能のに異常がでるような値がみられます。

腎臓は、体の老廃物を外へ出したり、血液を綺麗にする器官です。ぶどうを摂取することで、この器官に急速に障害を受けるため、絶対にぶどうを食べさせてはいけません。

ぶどうよりも危険なレーズン

ぶどうよりも危険なのが、成分の凝縮されている〔レーズン(干しぶどう)〕です。
レーズンは、ぶどうの成分が凝縮されているだけでなく、一粒の大きさも小さくなるため、愛犬が大量に食べてしまうことがあり、非常に危険です。
絶対にぶどうや、レーズンを与えないようにしてください。

とはいえ、犬がぶどうのどの成分で中毒を起こしてしまうのか、いまだに原因は解明されていないのが現状です。原因が特定されていないのですが、ぶどう自身だけでなく、農薬、カビなども疑われていますが、今のところ実よりも皮の方が危険性が高いと言われています。もしかしたら、まだ発見されていない成分により中毒を起こしてしまっているのかもしれません。

…もぐもぐ
もー、食べちゃダメー!
もし勝手にブドウを食べちゃった時の危険な量と対処法を教えるわね

どれくらい食べても平気?

まず大前提としてぶどうを与えてはいけないのですが、中毒を引き起こす量の目安を紹介しておきます。

当然個体差があるものの、ぶどうの場合は、犬の体重1kgあたり32gが目安です。
巨峰が1粒15g前後です。6kgの小型犬ですと、12粒食べると中毒を引き起こします。一房35粒程度ですので、1/3程度の量になる計算です。
また、レーズンの場合は、成分が凝縮されていることもあり、犬の体重1kgあたり11g〜30g程度で中毒を引き起こしてしまいます。

中毒になる量(体重1kgあたり) 体重6kgの小型犬 体重15kgの中型犬
ぶどう 32g 巨峰12粒ほど 巨峰32粒ほど(約一房)
レーズン 11g 60粒ほど 160粒ほど

ぶどうを食べてしまった時の対処法

万が一、愛犬がぶどうを食べてしまった時は、すぐに病院に連れていきましょう。
病院では、胃の洗浄や催吐処置などを行ってもらうのがベストです。
ぶどう中毒の症状が出て治療したにも関わらず一向によくならないケースや、後遺症が残るケースなどもあるようで、元気に回復するかどうかは犬の個体差があるようです。
また、ぶどうを食べてしまったことに気づいた時は、中毒症状が現れる前に数時間あります。その間、様子を見るのではなく、吐き出させてあげるのもいいでしょう。

ぶどうは犬にとって腎不全を起こしてしまう食べ物です。腎臓は一度ダメージを負うとその機能が戻りません。平気そうな場合でも、数日は犬の様子をしっかりと観察するようにしましょう。

ブドウは犬にとって危険な食べ物だよ、わかったー?

関連記事一覧