犬の膿皮症を分かりやすく解説〈症状と治療法を知る〉


愛犬がかゆそうに体をかいていたり、湿疹ができていたりと、皮膚が炎症が起こしているのを発見したら、膿皮症(のうひしょう)を疑う必要があります。
犬を飼う以上、愛犬の皮膚トラブルはつきものです。異変に早めに気付くことや、根本的な原因を改善することが必要になります。

今回は膿皮症を分かりやすく解説していきますので、愛犬の皮膚について理解を深めていってください。

太もも辺りがかゆくてカサブタのようなものができちゃった
それって膿皮症じゃない?
の う ひ し ょ う 、、、?

犬の「膿皮症(のうひしょう)」とはどんな病気?

膿皮症(のうひしょう)は皮膚の病気です。
犬の皮膚に常に存在する細菌のひとつにブドウ球菌があるのですが、それが異常に増えたときに起こる病気です。つまり皮膚の細菌感染により起こる病気の総称です。
そのほとんどが、何かしらの基礎疾患により、細菌感染を引き起こしています。そのため、細菌感染を治療するだけでは、根本的な解決にならず、再発をしてしまう病気です。

膿皮症だと診断されたら、原因となっている病気(または生活習慣など)を見つけ、改善する必要がありますので、まずは犬の膿皮症について学んでいきましょう。

症状

膿皮症になった際、飼い主がはじめて気づく身体の変化は以下通りです。
早期発見するには飼い主が愛犬をよく観察することが大事になってきます。毎日チェックをして、小さな変化に気付けるようにしたいです。

  • かゆみ
  • フケができる
  • 黒ずみができる
  • 皮膚が局所的に赤みを帯びる
  • ブツブツができる
  • ニキビのようなものカサブタができる

膿皮症かそうでないかを飼い主が判断するのは難しいです。上記のような症状が続くようであれば、まずは動物病院で検査を受けるようにしてください。
細菌検査などを行い、原因を特定しましょう。

膿皮症の原因は?対策はあるの?

膿皮症は「ブドウ球菌」と呼ばれる細菌が異常に増殖してしまい、皮膚に湿疹ができることをいいます。原因はブドウ球菌です。

犬の皮膚が感染しやすい状態にあることや、何か他の皮膚炎になっていることからも膿皮症が引き起こされる可能性があります。特に、アトピー性皮膚炎、クッシング病、ホルモン異常などの基礎疾患が原因となり、皮膚のバリアが機能しなくなると、細菌が増殖し膿皮症になることが多いです。

また、シャンプーを使って洗い過ぎの場合など、間違ったスキンケアをしていることが原因になることもあります。月に何度もシャンプーを行うなど、過度なシャンプーは皮脂を落としすぎてしまい、悪影響になります。

原因になりえるものチェックリスト

膿皮症の原因となるものをいくつかまとめました。該当項目が多いと危険です。

  • ブラッシングを全くしていない
  • 歯のケアを全くしていない、口が臭い
  • 2ヶ月以上シャンプーをしていない
  • 寝床の掃除をしていない、寝床が毛だらけになっている
  • 毛玉がある
  • 皮膚にシワがある
  • ダニ対策をしていない
  • 肥満体型
  • ホルモン異常がある
  • 肛門腺がたまっている
  • 耳が臭い
  • 免疫異常がある

膿皮症になりやすい犬種

膿皮症はどの犬種でもかかります。
その中でも膿皮症の発生が多い犬種を紹介します。

毛の多い犬種 シェトランドシープドッグ
毛が短くて硬い犬種 ブルドッグ、ボストンテリア、ジャックラッセルテリア、ミニチュアピンシャー
アレルギー皮膚炎を起こしやすい犬種 シーズー、パグ、柴犬

膿皮症になるのに年齢は関係ある?

年齢は関係ありません。
膿皮症の原因となるブドウ球菌は、皮膚トラブルのない健康などの犬でも存在します。免疫のあまりできていない仔犬の時期になる犬もいれば、アトピーやホルモン異常で3歳頃から発症する場合もあります。

膿皮症が多くみられる時期

膿皮症の発生が多い時期は、梅雨〜夏の季節です。
高温多湿の時期に多くみられます。
この時期は愛犬の肌の様子を少し意識するように、注意しておきましょう。

膿皮症の治療法、治療費は?

飼い主自身で判断するのは難しいため、動物病院で検査を受け、皮膚の状態や細菌検査をします。そこで膿皮症だと判明したら、治療を行います。

治療法

〔投薬〕内服薬で治療するのが一般的です。3週間〜12週間かけて徹底的な治療が必要です。表在性のものであれば、内服薬(抗生剤)を3週間しっかり飲めば治ることが多いですが、深在性の場合だと4週間〜12週間飲んで治すことがあります。
見た目の症状が改善しても菌が残っている可能性があります。しっかりと最後まで治療を行うようにしましょう。

〔食事〕膿皮症の治療には、食事管理も重要になります。
細菌が引き起こす病気を緩和するような栄養素を紹介します。

  • 膿皮症は、免疫力が低下することで発症するケースもあります。免疫力を高めるには「ビタミンA」「ビタミンC」が必要不可欠な栄養素です。新鮮な野菜や果物から摂取すると効果的です。
  • 魚の脂肪に多く含まれる「EPA」「DHA」なども免疫力を高め、病気になりにくくしてくれます。炎症を抑える効果もあるので、皮膚の病気にはとても効果的な栄養素です。

もちろん、皮膚の再生に必要なタンパク質、皮膚の健康維持に必要なビタミンなど栄養バランスのとれた食事を与えることが大事になってきます。必要以上のおやつなどは避けるべきです。

治療費

膿皮症の治療費の一例をご紹介します。
治療内容にもよりますが「外用薬・内服薬の処方」「皮膚検査」「抗生物質の投与」を、それぞれいくらくらいかかるのかをご紹介します。全てを施すわけではないので、最後に相場感も加えておきます。

  • 診察 1,000〜2,000円
  • 抗生物質の投与 4,000円
  • 処方 2,000〜3,000円

膿皮症は重症化すると治りにくい病気です。早期発見ができないと通院回数が増えるなど、治療費もかさみます。
何回か通院することを考えると、合計で平均23,000円(だいたい10,000円〜80,000円の間)くらいはみておいた方がいいでしょう。

まだ保険に入っていないという方は、まとめた記事がありますので参考にしてみてください。いざと言う時のために保険も検討してみてもいいかもしれません。

【ペット保険は必要?】犬の病気に備える重要性

 

膿皮症にならないための予防法

皮膚を清潔に保つことが予防につながります。そのため、日頃のこまめな手入れやシャンプーが大切になります。とはいえ、洗い過ぎは逆効果です。シャンプーによる洗い過ぎは、皮脂を落とし過ぎてしまうため、逆に皮膚に悪影響となります。

正しいシャンプーの仕方も紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

【犬にシャンプーは必要なのか?】必要性と頻度・おススメをご紹介

また、シャンプー剤選びで迷われたら、動物病院の先生に相談してみましょう。梅雨の時期など、高温多湿は犬の皮膚にとってよくない環境なので、温度や湿度には注意が必要です。
とはいえ原因は様々です。根本的な原因を突き止め、それを改善をすることが一番の予防となります。清潔に保つのはもちろんのこと、免疫機能を低下させないために、ストレスなども考えて、しっかり眠れるような環境を用意してあげるなど、いろいろと工夫してあげましょう。

ちゃんと治して原因を改善しなきゃ

いろいろと膿皮症を解説してきましたが、やはり愛犬の皮膚トラブルを早期発見できるかは、毎日のコミュニケーションや、日頃のチェックが大事になってきます。膿皮症になった原因を見つけだし、それぞれの愛犬に合った改善策を施す必要があります。また、膿皮症は重症化すると治りにくく、通院回数が増えてしまいます。

関連記事一覧