愛犬が下痢に!様子を見ていても大丈夫!?対処法をご紹介


愛犬が下痢に!様子を見ていても大丈夫!?対処法をご紹介

普段通り元気でいた愛犬といつも通りの散歩にでかけた状態によってはとても焦る瞬間です。
ウンチ処理も大変ですが、当事者である愛犬が一番大変なはず。
飼い主さんは焦らず落ち着いていくつか考えてください。

  • どうして下痢をしたのか
  • 適切な対処方法はなんなのか
  • 飼い主ができる事はなんなのか

不安な気持ちは愛犬も同じです。
毎日滞りなく元気なウンチをして欲しいと願うなら、対処方法を知ってください。
きちんとした知識のある飼い主を目指す道を示します。

犬が下痢になる主な原因は様々

肉食から雑食へと進化した犬は、人間よりも胃酸が強いといわれています。
ですが、腸に関しては個体差があるもの。
中にはちょっとした事で下痢をしてしまうデリケートな子もいる程です。

原因は様々ですが、以下の項目に当てはめて観察すると原因が見えてきます。

  • 拾い食い
  • フードが合わない
  • 分解ができない物を食べた(飲んだ)
  • 食べ過ぎ
  • アレルギー
  • ストレス
  • 季節の変化
  • 寄生虫
  • 病気

病気と寄生虫以外は、日々の生活に密着して引き起こされているのです。

下痢を発見したからといって、すぐに慌てふためく事はありません。
ふと愛犬の顔を見ると、一回の下痢くらいならケロッとしています。

求められているのは【愛犬が下痢をしたのはなぜか】という原因を知る事です。

拾い食い

「道に何か魅力的なものが落ちている。」

嗅覚が鋭い犬は、食べ物の匂いを必ずかぎます。
変な食べ物で下痢をして欲しくないのなら、愛犬が路上で怪しいものを見つけた際、臭いをかがないようにしつけることで、拾い食いを防止できます。

フードが合わない・分解ができない物を食べた(飲んだ)・食べ過ぎ・アレルギー

食生活に関連する下痢なら

  • フードを変えた翌日
  • 牛乳を飲んだ後
  • 一度に大食いした翌日

などに起こります。

フードを変えた翌日ならば、そのフードになんらかのアレルギー、もしくはお腹がビックリしているのは容易に考え尽きます。
初めて食べるフードの場合、1週間くらいかけてゆっくり分量を増やして慣れさせてみてください。

稀に、今まで食べていたフードでもアレルゲンの蓄積量を超えて下痢に発展します。
可能性として感じるのであれば、フードを変更したり、動物病院でアレルギーチェックをしてみてくださいね。

また、愛犬がよだれ垂らして欲しがっても暴食はいけません。
お腹だけではなく身体の事も考えるなら、水以外の人間が飲むものは全てNGと言えます。

ストレス・季節の変化

ストレスは万病の元とは良くいったものですが、愛犬にも当てはまります。
特に犬は環境の変化に敏感です。
引っ越し・多頭飼い初期・旅行など精神的ストレスは体調を崩す要因になります。

また、気温や天候の急激な変化にも敏感です。
急に寒くなったり、突然の豪雨でカミナリが鳴ったりなど天候によってもお腹に響きます。
眉をひそめた不安な表情を見たら、すぐに近くへ引き寄せて安心させてあげてください。

愛犬は飼い主さんが身体をさすってくれるだけでとても安心するものですよ。

寄生虫・病気

犬は生活の中で寄生虫に寄生される行動が多くあります。
中でも代表的なものは、犬同士で肛門の臭いをかぐコミュニケーションや母から子へ感染する母子感染などが挙げられます。

また、下痢に血液が混ざっていて肛門が切れている訳ではないのなら、腫瘍や胃腸炎などの病気を疑ってください。
寄生虫、病気ともに下痢が治まらない場合が多いので、かかりつけの獣医さんに診てもらうことをオススメします。

犬の下痢は2日程度様子を見て!動物病院は最後の砦

多少の下痢なら急いで病院に連れて行かなくても良くなる場合がほとんど。ただし、2日以上下痢が続くようなら動物病院へ連れて言った方が安心確実です。

下痢で診察を受ける際はなるべく詳細に伝えてくださいね。

  • いつから続く下痢なのか
  • どんな下痢なのか
  • 下痢時の愛犬の様子
  • 飼い主目線の原因

獣医さんは飼い主さんの情報を元に可能性のある原因を突き止めます。
下痢の場合は顕微鏡によるチェック、寄生虫の卵はないか、血液は混ざっていないかなど、的確な処置やアドバイスをしてくれるのです。

犬の下痢は冷静に判断する事で対処しよう

愛犬は大切な家族。
悲しそうな顔で下痢をしていたら可哀想と思うのが飼い主さんの心情ですよね。

しかし、一緒に悲しんでも解決はできないもの。
どんな事が原因なのかをしっかりと突き止めれば下痢は防げます。

検診の際は獣医さんとコミュニケーションを取り、愛犬はどんなタイプの犬なのかを知る事も大切です。
焦っても下痢は治りません。
早く元気になりたい愛犬の為にも、原因を見極められる賢い飼い主を目指しましょう!

関連記事一覧