【犬にもアレルギーがあるの?】原因をご紹介


【犬にもアレルギーがあるの?】原因をご紹介

愛犬の様子を見ていて、目が腫れている、体を痒がっている、皮膚が赤くなっているという症状が出ているのであれば、アレルギー症状の可能性が高いです。
アレルギーは放置していると皮膚の炎症がひどくなりただれてしまったり、うみがでてしまったり、愛犬をとてもつらい目にあわせてしまいます。

アレルギーの原因は何であるのか、原因と治療についてご説明します。

犬の三大アレルギーはノミ・食べ物・アトピー性皮膚炎が原因

アレルギーの原因は大きく次の3種類に分けられます。

  • ノミ
  • 食べ物
  • アトピー性皮膚炎

本来無害なはずの食べ物や花粉に過敏に免疫システムが反応し、自身を攻撃してしまう状態がアレルギー反応です。
しかし、犬は言葉で伝えられない為、飼い主が原因を正しく理解してあげる必要があります。

ノミが原因でアレルギーになる

散歩の後に愛犬が体を痒がっているならノミが原因の可能性が高いです。
ノミの唾液中に含まれるたんぱく質や花粉、ハウスダストが原因となる場合があります。
呼吸や食べ物によってアレルゲンが体内に侵入する事もあり、体を清潔にしていてもアレルギーになるケースもあるのです。

4割の犬が食べ物でアレルギーになっている

ドッグフードの主原料に使われている肉類や穀物に含まれる成分は、アレルギー反応を起こしやすいです。
なぜなら、アレルギー反応が起きるのは、遺伝や環境などによって食べ物に含まれる成分が愛犬に悪さをするからです。
つまり、食べる回数や量が多い食べ物ほど、アレルギー反応を起こす可能性も高いという事。

ある日突然アレルギー反応が起こっても不思議ではないのですね。

特に安いドッグフードには原価が安くする為に穀物が多く含まれています。
いつも、与えているドッグフードの質が原因でアレルギーになることもあるのです。

アトピー性皮膚炎は遺伝が関係しているアレルギー

アトピー性皮膚炎は、アレルギーの中でも遺伝が関係している可能性が高いです。
6ヶ月~3歳あたりで症状が出やすいとされています。

ただし、食べ物やノミが原因になることもあり、遺伝が全てと判断しきれません。
アレルギーには種類がある為、やみくもに対処せず、適切な対処をする事で悪化も防げます。

症状がみるみる悪化していくのであれば、すぐにでも動物病院で診断してもらうようにしましょう。

原因別 犬のアレルギーの治療法

アレルギーによる痒みがある場合は、主には痒みを抑える薬を飲ませて悪化を防いだ後、原因別に治療することで改善できます。

ノミが原因のアレルギー治療法

ノミが原因のアレルギーの場合、愛犬のノミ予防をしているかどうかも大きく関係してきます。
ノミは部屋の中を綺麗にしていても、散歩に出た際、愛犬にくっついてしまう事があります。
ノミ予防をしていないと体に付着してしまう確率も上がってしまうのですね。

治療手段は次の通りです。

  • 予防薬や滴下剤でノミ予防をする
  • 寄生虫駆除の駆虫剤を打つ
  • 散歩後にブラッシングをする
  • 体を清潔に保つ

ノミアレルギーの場合、家で予防するよりも病院での対処してもらう方が効果的。
掻きむしって悪化することも多いので、自宅治療では愛犬にストレスがかかってしまうからですね。

愛犬を苦しめる原因のノミを排除・予防するところまでを一貫して治療してあげてください。

食べ物アレルギーの治療法

食べ物でアレルギーになっている場合、どの原料が原因になるか突き止める必要があります。

  • 普段のドッグフードを止める
  • アレルギー対応の治療食に替える
  • 血液検査をする

上記のようにいつも与えている食べ物を変えて原因が何かチェックしてください。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 痒み
  • 発疹

下痢や嘔吐といった「体が受け付けていない」拒否反応が出る事も多いです。

ちなみに血液検査は、アレルギー治療食で改善が見られた場合、必要ありません。
また、シャンプーの成分に大麦が含まれるものもある為、食べ物アレルギーの疑いがある時は使用を止めてみて下さい。

アトピー性皮膚炎のアレルギー治療法

アトピー性皮膚炎の場合は遺伝も関係している為、原因から治療法を導き出すよりも、今ある症状をいかに和らげるかに重点をおいて下さい。

  • 食べ物やノミの対策をする
  • 減感作療法(げんかんさりょうほう)

アトピー性皮膚炎の症状は食べ物やノミからのアレルギーで悪化する場合もある為、原因を作らせない努力も必要です。
また、アトピー性皮膚炎のアレルギーでは、アレルゲンを体に入れて少しずつ慣れさせる減感作療法を行う事もあります。

犬のアレルギーには知識が大切

日頃から愛犬との触れ合いがあれば、すぐに異変に気づけます。
いつもと違う仕草や具合の悪さを感じたら、どこに原因があるのか注目してみて下さい。

犬は言葉で説明できませんが、必ずサインを出しているもの。

  • 清潔な環境
  • こまめなブラッシング
  • 病院で受診

日頃からできる事をして、アレルギーと分かった時には素早い対応が必要です。
自分で直そうとせず、医師に相談する事も重要です。

アレルギーの正しい知識を学んで、突然の症状にも冷静に対処していきましょう。

関連記事一覧