犬の肉球ケアは必須!お手入れ方法も合わせて解説


犬の肉球ケアは必須!お手入れ方法も合わせて解説

あなたの愛犬は肉球がガサガサになっていませんか?

愛犬と遊んでいるときに急に鋭い痛みが・・なになに?探してみると肉球がガサガサになって触れるととても痛い・・人間でたとえると、かかとのケアをちゃんとせずにガサガサになってしまうことがあると思います。

犬の肉球でも同じようなことが起こってしまうのです。
本来、肉球は犬にとってショック吸収の役割を持っています。
この肉球がガサガサになってしまうと、犬は暑さや痛みに鈍感になりトラブルのもとになってしまうこともあるんです。

しかし、現代の日本では肉球にダメージを与える要素も多く、飼い主さんとしては日頃から肉球のお手入れをすることが重要になります。

愛しの愛犬だからこそ、常に健やかに過ごしてもらいたいものですよね。そこで、今回は犬の肉球のお手入れ方法をお届けします。

犬の肉球はお手入れ必須!理由は乾燥対策

犬の肉球をお手入れするべき最も大きな理由は「乾燥」です。

人間の世界は、犬にとって不自然な環境なんですね。
だからこそ、肉球をケアしてあげないと乾燥が進み最悪の場合、肉球が割れてしまうことも。

割れた肉球はもとに戻りにくいと言われているため、日頃から肉球のお手入れをすることが大切なんです。
ここでは、犬の肉球が乾燥してしまう原因について見ていきましょう。

アスファルトは肉球乾燥の大敵

散歩の際、アスファルトやコンクリートでできた道を歩くことも多いですよね。
特に夏場のアスファルトは温度も高く、肉球から水分を奪う大きな原因になるんです。
また、アスファルトに含まれる化学物質が、愛犬の肉球を硬くしてしまうことも明らかになっています。

アスファルトやフローリングなど、犬にとって不自然なものが肉球の乾燥を促進しているということです。

冬場のエアコンは肉球へのダメージ大

室内で愛犬を飼っている場合、冬場のエアコンやストーブなども肉球へダメージを与えています。

冬場の室内は人間の肌にもダメージを与えますよね。
私達人間は「乾燥対策」として、クリームやローションなどでケアしているはずです。

湿度が少なくなる冬場の室内では、愛犬の肉球ケアが欠かせないということ。

散歩後に足を洗うのは要注意

意外な盲点になっているのが、散歩後に愛犬の足を洗う行為なんです!
散歩の度に足を洗っていると、肉球の水分が奪われて乾燥しやすくなります。

  • 散歩→足を洗う
  • 湿度の低い室内で過ごす
  • 乾燥して肉球がバリバリ

愛犬を綺麗に保ちたいという思いから、毎回足を洗ってあげる飼い主さんは少なくないでしょう。
乾燥対策のお手入れを怠ると硬くガサついた肉球になってしまうのです。

愛犬の肉球乾燥を防ぐ効果的なお手入れ方法2つ

犬の肉球を乾燥から守るお手入れ方法は大きく分けて以下の2パターンになります。

  1. 市販のペット用ケア製品を使う
  2. 意外性抜群!ワセリンを使う

ここでは、お手入れ方法を詳しく見ていきましょう。

1.市販のペット用ケア製品を使う

1つ目のお手入れ方法は、ペット用に販売されているクリームやローションを使う方法です。
お手入れ方法は至ってシンプルです。

  • 肉球が汚れていたら濡れタオルで掃除する
  • ケア用品を肉球に適量つけてマッサージする

上記の方法を定期的に行うことにより、肉球を乾燥から守ることができます。
肉球クリームは乾燥から守るだけではなく滑り止めにもなるため、フローリングで足を滑らせている犬にも効果的でしょう。

どんな物がいいのかわからない方のためにいくつかケア用品をご紹介させていただきますので参考にしてください。

1.pet-cool ペットクール オーガニックシアバター20g

pet-cool ペットクール オーガニックシアバター20g

2.世界3大オイル配合 安心の国産みつろう12g

世界3大オイル配合 安心の国産みつろう12g

3.ドックドッグ 国産オーガニック認定肉球クリーム 【滑り止めにもなるタイプ】犬用 50g

ドックドッグ 国産オーガニック認定肉球クリーム 【滑り止めにもなるタイプ】犬用 50g

4.【動物用医薬部外品】 パナズー パウケアクリーム 60ml 

【動物用医薬部外品】 パナズー パウケアクリーム 60ml

5.肉球ケアの決定版!Musher’s Secret(マッシャーズ シークレット)60g

肉球ケアの決定版!Musher’s Secret(マッシャーズ シークレット)60g

2.意外性抜群!ワセリンを使う

2つ目の方法は、ワセリンを使うというもの。
ワセリンは人間用に作られたものですが、不純物が少なくアレルギー反応も出にくいメリットがあるんです。

ワセリンを使ったお手入れ方法は以下の通り。

  • 肉球が汚れていたら濡れタオルで掃除する
  • ワセリンを肉球に適量つけてマッサージする

人間でもかかとがガサガサに乾燥することがありますよね?
乾燥したかかとにワセリンをつけてマッサージしたことのある人もいるでしょう。

犬の場合も同様の方法で乾燥から守ることができます。

肉球が割れていたらカットしてあげましょう

もしも愛犬の肉球が乾燥で割れていたら、余分な部分をハサミなどでカットしてあげましょう。

私たちが爪のささくれを爪切りでカットするのと同じ原理です。
乾いて硬くなった肉球は愛犬の皮膚を傷つけるリスクもあります。
余分な部分は除去してあげることで、トラブル再発を予防することができますよ。

犬の肉球のお手入れで注意すべきポイント

愛犬の肉球ケアを行う際、注意すべきは添加物です。

ペット用のケア製品は実に様々なものが販売されています。
しかし、添加物が含まれている製品も多く、犬にとって嬉しくない製品も沢山あるのが現実です。

添加物の多いクリームが肉球についた状態で、愛犬が舐めてしまうとアレルギーが出てしまうこともあります。肉球のケア製品を購入する際は、天然素材で作られたものを選ぶようにしましょう。

愛犬の肉球は定期的にお手入れしてあげよう!

愛犬にとって、肉球は重要な役目を果たしています。
バリバリに乾燥した肉球で顔を掻いてしまうと、皮膚を切ってしまう恐れもありますが、もしまだ肌の弱い幼児に飛びついたときもけがをさせてしまう可能性があります。

考え方は簡単です。私たちが肌のお手入れを毎日欠かさず行うように、犬の肉球も手入れが必要です。いつも私たちがケアをするときに一緒にケアの時間を作ると、忘れずにケアをすることができるかもしれませんね。

ガサガサになってからケアを始めるのではなく、ガサガサになるのを防ぐことのほうが大切です。肉球をいつもプニプニな状態に保てるよう、定期的なお手入れをしてあげてくださいね!

関連記事一覧