【犬の無駄吠えってどう直す?】自分でできる犬のしつけ


【犬の無駄吠えってどう直す?】自分でできる犬のしつけ

「静かにして!」
といくらいったところで一行に直らない愛犬の無駄吠え。

普段は大人しいのに突然スイッチが入るとそう簡単には止められません。

しかし犬が吠えるのには必ず理由があります。
「イライラ」して犬に大きな声をあげる前にまずは何が原因で吠えいているのかを観察してあげることが無駄吠えをなくす近道になります。

無駄吠えを無駄と片付けず、原因を探っていくとしつけ方や犬との接し方がかわってきます。

わんわんわんわん・・・
なーに?突然吠えてびっくりするじゃない!
なんか人の気配がするぞ!僕がこの家を守らなくちゃ!

犬が無駄吠えをする4つの理由

犬の無駄吠えは無駄に吠えているのではなく、飼い主さんに意志を伝えようとしています。

犬が吠える理由は主に次の4つです。

  • 警戒心や不安:インターフォンの音や来客時など
  • 要求:空腹、トイレなど
  • 興奮・喜び:褒めた時、好きな人が近くにいる時など
  • 体調不良:痛い、苦しいなど

同じ鳴き声でもこんなにも意味が違うんです。
例えば、体調不良を訴えたにも関わらず「うるさい!」といわれたら…
そう考えると可哀想だし、愛犬に無駄吠えなんてないことが分かるはず。

犬からすれば意味があって訴えているのに、応えて貰えなければ更に強くメッセージを伝えるはず。

このように、叱っても無駄吠えが直らないのは、原因を理解できてないからなんです。

犬の無駄吠えを直す方法!決め手は声の低さ

犬をしつける時は、なるべく低い声を出すのがポイントです。

  • 低い声
  • はっきりと発言する
  • 大きな声

「私は飼い主である」と愛犬に認めてもらうために少々強めにしつけましょう。
犬は、あなたが思っている以上に人間の仕草や雰囲気を見ています。
毅然とした態度で臨む事が大切です。

そして、なぜ吠えているのか、理由を見極める事で的確なしつけ方ができます。

要求のしつけ→リアクションしない

要求で吠える犬は、過去に吠えた事で要求に応えてもらえた経験があるからです。
なので、ポイントは愛犬が吠えても無視すること。

  • 吠えた時→リアクションしない
  • 吠えるのをやめた時→褒める

上記のしつけを繰り返すことで「吠えないこと=良いこと」と愛犬が理解してくれます。

愛犬は「吠えたから〇〇してもらえた」と勘違いしているもの。
だからこそ、吠えないことが習慣化するまで根気強く教えてあげてください。

興奮や警戒心で吠える犬のしつけ→大きな音を立てる

「誰か来た!」という警戒心や「楽しい!」という興奮から吠える愛犬には、大きな音で気を反らすのが効果的。

ポイントは飼い主さんのあなたが音を出した張本人と愛犬にバレないこと。

  • 愛犬に見えないところで大きな音を立てる
  • 吠えるのをやめたら褒める

上記2ステップで、愛犬の無駄吠えは少なくなっていきます。

くれぐれも「うるさいよ!」と注意しないようにしてください。

言葉が通じない犬にとって、あなたが大きな声を出すと「僕は間違ってないんだワン!」とますます吠えようとしてしまいます。
ここでも鍵になっているのは「吠えたのをやめたから褒めてるんだぞ〜!」としつけることですね。
言葉が通じない赤ちゃんが泣きじゃくってる時、怒鳴ると逆効果になるのと一緒です。

無駄吠えをすぐに止める裏技

ここまで見てきた通り「無駄吠えする→無視→無駄吠えをやめる→褒める」というのがしつけの王道です。
でも、マンションで夜中に吠えたりされたら、近所迷惑になってしまうことも。

「あぁもうお願いだから今すぐ吠えるのやめて〜!」

そんな時は刺激の強い匂いで愛犬をビックリさせるのが効果的。

ご存知の通り、犬の嗅覚は人間よりもずっと優れています。
そんな愛犬に対して、強い匂いを嗅がせると「何だ!?」とビックリして吠えるのをやめてくれるんです。

おすすめはお酢!

お酢1に対して水5の割合で作ったものを霧吹きなどに入れてワンプッシュするだけ。

刺激臭に驚いて吠える事をやめ、いけない事だと認識する様になりますよ。
ただし、毎回この裏技を使っていると、犬も匂いに慣れてしまったり場合によっては好みの臭いであったりするので、ここぞという時だけにして下さい。

犬の無駄吠えはしつけが大事

飼い主さんが「やめて!」と怒っても、愛犬は「おっ?僕の気持ちが伝わったワン?ワンワン!」とエキサイトして無駄吠えするものです。

  • 基本は無視
  • 注意する時は低い声で
  • 吠えるのをやめたら褒める
  • 緊急時は刺激臭

無駄吠えのしつけは上記4つの方法をフル活用するのがポイントです。
ただし、しつけることばかりに気を取られて、愛犬の不調を見逃したら大変ですよね。

だからこそ、日頃から愛犬の行動パターンやクセを掴んで「今はしつけるべき」という感覚を持てるようになりましょう。

「あれ?そういえばしばらく無駄吠えしてないな」
こんな日がいつか訪れるはずです。飼い主さんが根気よく愛犬と向き合うことによって必ず結果はでます。愛犬の日々の成長を見逃すことが内容にしっかり見守ってあげましょう。

関連記事一覧