【犬種によって使い分けたい首輪・ハーネス】犬に優しいおすすめグッズ


【犬種によって使い分けたい首輪・ハーネス】犬に優しいおすすめグッズ

ドッグラン以外を愛犬と散歩する際、必要になるのがリードを繋ぐ首輪やハーネスです。
しかし、首輪やハーネスの種類・デザインは非常に多く「どれが愛犬にフィットするんだろう?」と悩んでしまいます。

せっかくなら愛犬にピッタリの物を選んであげたいもの。

愛犬が不快な思いをすることなく、安心して散歩できるタイプを選ぶたいめには、どんなタイプの首輪やハーネスがあるのか知っておいて損はありません。

そこでこの記事では犬用の首輪・ハーネスを下記の基準でご紹介します。

  • 苦しくない
  • 痛くない
  • 安全・安心

おすすめの首輪・ハーネスを犬種別にお届けします。

わーいわーい
珍しくおしゃれな首輪しているじゃない
カッコイイけど、ちょっと苦しいなぁ~
君の体格にその首輪があっていないんだよ!

首輪・ハーネスは愛犬の性格とサイズで選ぶのがおすすめ!

首輪やハーネスを選ぶ際は愛犬の性格に注目するのがおすすめです。

  • 活発な愛犬 → 首輪
  • 大人しい愛犬 → ハーネス

次におすすめなのが愛犬のサイズで選ぶこと。

  • 小型犬:ハーネス
  • 中型犬:首輪・ハーネス
  • 大型犬:首輪
  • 幼犬、老犬:ハーネス

首輪とハーネスは付け方も全く違うので、愛犬によって好みが分かれます。
どれが良いのか検討がつかない方は、首輪やハーネスで安価なものをいくつか購入して愛犬の様子を見てみると良いですよ。

夜間のお散歩対策バッチリの反射板がついたタイプなどもあるので、愛犬の好みといつ散歩するのかなども考慮してみてくださいね!

種類別!首輪・ハーネスのおすすめポイント

現在、販売されている首輪とハーネスは首輪7種類・ハーネス3種類の合計10種類あります。
ベーシックな物からトレーニング用など用途別や、布、革、プラスチックなど材質も多岐に渡るので、それぞれのおすすめポイントをまとめてみました。

【首輪タイプ】

最近は、犬と遊ぶ事も多くなり、トレーニング用の首輪も手に入りやすくなってきました。

素材もタイプも様々で、種類も豊富です。
用途によってそろえる事ができます。

  • ただの散歩なのか
  • トレーニングを伴うものなのか
  • どこで使うのか

用途を明確にする事が必要です。
ただし、合わないと首を痛める可能性もあるので注意をしてください。

ベルトタイプ

サイズ調整が容易で、犬種によってはパピーからシニアまで一本で賄えます。
主に革やナイロン製が多く、帯部分に開けた穴にピンを刺して固定一番流通するスタンダードな首輪です。

バックルタイプ

ワンタッチでカチッっと留めるだけなのがおすすめポイント。
プラスチック製の留め具が付いており、ベルトタイプのピンを刺す手間が省けます。

チェーンチョーク

トレーニング用の首輪です。
直訳すると、チェーン(鎖)チョーク(息苦しくさせる)という意味。
ステンレス製でチェーンの太さ、大きさにバリエーションがあります。

ハーフチョーク

半分がチェーンチョークもしくは首輪スタイルのもの。
チェーンチョークよりも軽めの物が多くおしゃれなところがおすすめポイントです。

マーティンゲール

チェーンチョークの布版という感じの首輪。
布製なので、チェーンチョークのようにガツンと締まりません。
日本よりは海外でメジャーな首輪です。

ジェントルリーダータイプ

散歩中の無駄吠えにも対応できる首輪です。
主にナイロン製が多いです。
マズルにも紐がかかる為、引くと顔が下がり吠えにくくなります。

【ハーネスタイプ】

装着の仕方は数種類ありますが、身体に生地やベルトで固定するのが特徴です。
身体に当たる部分の違いで大きく3種類に名前が分わかれています。
胴体をしっかりと固定するので、介護やアウトドアにもおすすめです。

ソフトハーネス

胸に触れる部分が布またはナイロン製になっています。
やさしい付け心地で大人しい愛犬向きです。

ベルトハーネス

身体に当たる部分がベルト状のハーネス。
布製と比較して耐久性があります。

ベストハーネス

見た目がベストを着ているように布またはナイロンで覆われているハーネスです。
ホールド性が高いので介護やアウトドアなどにも使われる事があります。

首輪・ハーネスは複数所有するのがおすすめ!

愛犬と生活していると、散歩する場所も様々のはずです。
いつものお散歩コースの日もあれば、ちょっと遠くの公園まで足を伸ばしたり。
自動車に乗って遠くの街まで出かけたりと、活動的な愛犬家なら行動範囲は無限大ですよね。

愛犬と一緒にいろんな場所へ行きたいなら、あえて1つに絞る必要は全くありません。
シーンに応じて、愛犬が最も喜ぶ首輪やハーネスを選んであげてください。

関連記事一覧