【爪切りを嫌がる】愛犬が嫌がらない爪切りの仕方


【爪切りを嫌がる】愛犬が嫌がらない爪切りの仕方

家族の癒やしになってくれている愛犬には、日々のお手入れをきちんとして、綺麗に保っておいてあげたいものです。
毛並み等の大きな見た目はもちろん、細かい所まで目を配ってあげて下さい。

様々なお手入れの中でも、特に大変なの爪を切る作業。
ほとんどの犬は爪を切られるのを嫌がったり痛がったりする為、うまく切るのは至難の技です。
しかし犬にとって爪切りは、衛生的にも肉体的にも必要不可欠なお手入れとなります。
綺麗に、そして安全に爪切りができるコツを飼い主さんが覚える必要があります。

犬の爪切りは大事!放置するのは禁物です

犬が爪切りを嫌がっても、グルーミングの時等に爪切りは絶対に必要です。

犬は猫と違って自分で爪を研がない為、放置すると爪はどんどん伸びていってしまいます。
特に普段地面に接する事のない「狼爪(ろうそう)」は、羊の角の様にくるくる巻きながら伸びていく為、注意してください。

爪を伸ばし続けると様々な弊害が出てしまうリスクもあります。

  • 爪が邪魔で上手く歩けない
  • 歩く時に転んだり滑ったりする
  • 伸びた爪が皮膚に刺さる
  • 爪が根元から折れる
  • 骨格が変形する

毎日の散歩どでよく屋外を歩いている犬は、地面との摩擦で爪がある程度削られていきます。しかし、それでも全ての爪が均等に削られる訳ではありません。
また、親指にあたる「狼爪」地面に接していない為、自然と伸びる一方なのです。
そのため、爪の伸び方に限らず、1ヶ月に1度は必ず爪切りをしてあげて下さい。

みてみて、爪をのばしておしゃれしてみたの
爪を伸ばすと危険なことがたくさんあるからお手入れをしなくちゃだめだよ

犬が爪切りを嫌がる理由

なぜ爪切りを嫌がるかというと、犬は基本的に足元を触られるのが嫌いだからです。

足元に限らず、しっぽやお尻、顔などを触られるも嫌がる犬もいます。

爪切りをする際、ムリな体勢を長時間させられる事自体が犬にとって不快なもの。
感受性の高い犬は飼い主さんの緊張感を察する事で余計に嫌がります。
また、過去に爪切りで深爪して痛い思いをした事のある犬などは、トラウマになっている可能性も。

私達も友達に爪を切ってもらうことを考えたら「大丈夫かな…」と不安になりますよね。
だからこそ「この人なら大丈夫」と信用してもらうことが大切なんです。

愛犬の爪切りを安全に行う方法

爪切りは次のような手順で進めていきます。

  1. 愛犬を抱きかかえて足を上げる
  2. 肉球を上に向けて血管の手前まで切る
  3. 爪切りが終わったら褒めてあげる

① 愛犬を抱きかかえて足を上げる

犬の爪切りは、恐怖心を感じにくいように後ろ足から行うのがベスト。
後ろ足が前になるように、犬の体を優しく抱きかかえ、手入れをする足をそっと持ち上げます。

② 肉球を上に向けて血管の手前まで切る

はじめにどこまで切るかを目で確認します。
肉球を上にして爪を見ると血管が透けて見えます。
犬の爪の根元には神経と血管が通っているので、その先にある爪をカットしましょう。
神経と血管が通っている部分まで切ってしまうと、非常に痛がり出血してしまう為、血管の数ミリ手前で止めるようにしてください。

黒い爪の犬は血管が分かりにくい為、爪の切断面を目視します。
切断面の中心が白くてパサパサと乾燥しているのがカットする爪です。
少しずつ切り進め、切断面の中心が半透明に変わってきたら血管が近い証拠なのでストップしてください。

爪切りの後には、切断面を電動やすりなどで丁寧に磨いて終了です。

③ 爪切りが終わったら褒めてあげる

爪切りが無事終わったら、しっかりと褒めてあげましょう。
爪切りは最初から上手くはできるとは限らないので、子犬のうちから慣らしていき、その都度撫でてあげてください。

犬用の爪切りは3種類ある

犬の爪切りは人間用の製品ではなく、犬専用の爪切りを使ってください。
犬用の爪切りにはいくつかの種類があります。

  • スタンダードタイプ:先端が弧を描いているシンプルなもの
  • ギロチンタイプ:先端が輪になっているもの
  • ニッパータイプ:工具のニッパーと同じ形状

中でもおすすめは獣医さんも使用しているギロチンタイプです。
少ない力でスパっと切れるので、力の弱い女性でも楽に使用できます。

注意点は爪を切りすぎてしまう事。
深爪は愛犬が痛い思いをしてしまうので、爪の先端から数回に分けてカットしてあげましょう。

その他、切った爪の角を磨く電動やすり、出血時の為に止血剤などを用意しておくと完璧です。

愛犬の爪をお手入れしよう!

愛犬の爪切りは、慣れている飼い主でも苦労することもあります。
しかし、失敗を恐れて放置していると犬の健康によくありません。
スムーズに爪切りを行う為にも、日頃から足元を触って耐性をつけてあげてください。

愛犬の爪切りは飼い主さんの仕事の1つです。
いつまでも健やかにすごせるように、定期的な爪のお手入れをしていきましょう。

関連記事一覧