【雨の日のお散歩を楽しむ】雨季の愛犬お散歩便利グッズBEST 3


【雨の日のお散歩を楽しむ】雨季の愛犬お散歩便利グッズBEST 3

毎日のお散歩。
雨が降っている日は特に散歩がおっくうになります。
また、地域によっては年間3分の1も雨の日になってしまう場合もあります。

そんなブルーデイを明るい日に変えたいなら、お散歩便利グッズに力を借りてください。
カラフルな便利グッズで気分も晴れて、雨の日の散歩が待ち遠しくなります。

【雨の中を愛犬と楽しむ】雨季の鬱陶しさに負けるな!

天気が違うと、いつもの散歩コースもまた違った楽しさがあります。
雨が多くて鬱陶しい季節でさえも気分が上がるお散歩グッズを犬用と人間用のベスト3を見ていきます。

【雨季を楽しむお散歩グッズ犬用】

最近は雨の日のグッズも種類が豊富になってきました。
どんな環境であろうとも快適に過ごせるのは幸せな事です。
愛犬がお散歩時にあると便利なグッズを集めました。

レインコート

雨の日と言えばレインコートは欠かせません。
体高の低い愛犬は、常に車道や地面から跳ね返ってくる水しぶきでずぶ濡れになります。
しっかりとかかと近くまで隠してくれるフルタイプのレインコートを選ぶと、帰宅後ドロを落とす為のシャンプーの手間が省けます。

また、反射板がしっかり付いたものは視界の悪い雨の日にはマストアイテム。
愛犬の命を守ります。

ドッグブーツ

まるで足袋のようなタイプからシリコンまで素材は様々。
比較的どのタイプでも平気ですが、雨の場合ならしっかりと防水をしてくれるシリコンタイプがオススメです。
色もシンプルでカラフルなものが多いので、コーデがしやすいのも特徴。
飼主さんと同じ色のブーツなら気分も上がります。

撥水効果のあるビニール製のリードや首輪

意外と見逃しがちなが、リードや首輪です。
せっかくレインコートを着ていても、リードや首輪が水を吸ってしまいます。
いくら万全にしていても結局濡れてしまっては残念な気持ちになってしまいます。

また水分を吸収する事で、どんどんリードが重くなってしまう現象も防ぎたいものです。

水をはじく効果がある素材のリードは、雨の日を考慮して全体に反射板や蛍光カラーなどバライティーに富んでいます。
雨の日専用の首輪&リードをいつでも準備をしていると楽しみがまた1つ増えます。
ただし、劣化しやすい特徴もあるので、撥水効果ならメンテナンス、ビニール製なら1年に1度は交換してください。

【雨季を楽しむお散歩グッズ人用】

雨季はどうしても気分が沈みます。
しかし、便利グッズがあるのなら、愛犬と一緒にいつもとは違う冒険を楽しめます。

雨の日に人が使用して便利なお散歩グッズを集めました。

撥水スプレー

雨の日にはなるべく濡れたくありません。
ポロポロと落ちる水を眺めながら散歩をしていると、まるでバリアを張っているような気分にさえなります。
撥水スプレーは、お散歩の前後に使用します。

  • レインコート(犬/人)
  • レインブーツ(犬/人)
  • リード
  • 首輪
  • お散歩バッグ

使い方は水を弾かせたい場所にスプレーするだけ。
ホームセンターなどでも気軽に買う事えます。
雨の日グッズのメンテナンスに使用してください。

給水タオル

お散歩から帰ってきて役に立つのは給水タオルです。
本来はスポーツ用で使う事が多いタオルですが、水の吸収率が高くかつ軽く絞れてなんども使える優れモノ。
犬の身体を拭くのなら比較的サイズが大きいもの。
足だけを拭くのなら、ハンドタオル程度のものなど使用場所によってサイズを選べます。

お散歩バッグにいれておくだけで雨の日だけではなくお天気の日にも使えるので、1枚入れておくと重宝します。

フンキャッチャー

愛犬がウンチをしているとき、飼主は黙って見ていなければいけません。
ですが、濡れている路面にウンチをされると回収するのも一苦労です。
そこで、活躍するのがフンキャッチャーと呼ばれるもの。

まるで金魚すくいのポイのような形をしている枠には専用の袋やビニール袋を装着。
地面に落ちる前のウンチを回収できます。

回収後も口を縛れば良いだけなのでウンチに触れる事がありません。
スマートなお散歩ライフには手放せなくなるグッズです。

【台風時のお散歩は危険】状況判断は忘れずに!

雨の日でも特に気を付けたいのは台風です。
河川の増水や土砂崩れ、床下浸水など予想外の天候になる可能性があります。

お散歩も大切ですが、命のほうが何よりも大切です。
雨の日は気象状況を良くチェックしてから状況判断をしてください。

関連記事一覧