【炎天下のお散歩厳禁!】犬の肉球は火傷する


【炎天下のお散歩厳禁!】犬の肉球は火傷する

愛犬とのお散歩のひと時。

スキンシップや健康の為に日課としている人が多い習慣の1つです。
ですが、毎日同じ時間帯に出かけているなら、夏の炎天下には注意をしてください。

いつも裸足で歩いている愛犬は、真夏にはとんでもなく過酷な状態でお散歩をしています。
365日快適にお散歩をしたいと願うのは飼主として当然です。

真夏のお散歩。
炎天下にはどんな事態が起こっているのか。
事実を知っておいてください。

【日中のお散歩は愛犬が危険】アスファルトは超高温になる

アスファルトで舗装された道路。
今ではいたる所が舗装されています。
夏の炎天下、太陽の日差しがサンサンと降り注がれている路面はなんと60度以上ともいわれています。

犬の場合体高は犬種によって様々ですが、体感温度は約40度~50度近い温度となります。

  • 路面温度が60度以上
  • 地表からの放射熱
  • 太陽からの日差し

そんな過酷な状況で起こりうる事は容易に想像ができます。

  • 肉球の火傷
  • 熱中症

ムッっとした熱気でサンドイッチになり息をするのも苦しい状況です。

アスファルトよりも怖いのはマンホール。
下が空洞だから冷たいのでは?と考えますが、それは間違い。
マンホールは鉄製の物が多い為、いわばフライパンのような状態。
アツアツのフライパンの上を裸足で歩くのはツライ以外の何物でもありません。

マンホールはよく見ると意外と多く設置されています。
うっかり歩くだけで肉球の皮がめくれ上がるような大やけどをしてしまう危険性があるのです。

火傷をしたときの対処方法

もし火傷をしてしまった場合、愛犬は痛がる素振りを見せます。
痛む場所を確認したら、冷やしながら獣医師の診察を受けてください。

犬の肉球は、常にばい菌がいる地面と接触しています。
自分だけの判断で放置すると、破傷風などで更に重症化する可能性もあります。

【サマータイムでお散歩】愛犬の動きやすい時間とは

夏の時期はどんな時間帯で動くのが愛犬に優しいのか。

答えはシンプルです。
涼しい時間帯にお散歩に行く。
まさに一択です。

そして、涼しい時間帯なら愛犬も人間もお互い身体に普段がかかりにくく、健康にも繋がります。

  • 太陽が昇り始める朝方4時~7時まで
  • 太陽が沈みきった夕方20時~

いつもより少し早く起きた朝食前や帰宅して食事を終わらせた20時くらいからの散歩なら地面の温度も下がり、散歩がしやすい環境になります。
ただし、夏の夜はフィラリアの原因となるカの発生も多い為、ケアをして散歩へ出かけると良いです。

オススメは朝方。

  • 空気が爽やか
  • 犬友ができる
  • 地表の温度が低い
  • 防犯上、夜に比べて安心

起きて朝日を浴びながら散歩をする事で愛犬や飼主の健康に役立ちます。

【都会を離れた山道コース】土の上でお散歩は犬に優しい&嬉しい

都会のアスファルトから少し離れて、たまには山道を歩くのもいつもの散歩と違って良いものです。

山道は基本的に土の道です。
平坦ではありませんが、そのおうとつが足を刺激してくれます。
更に地表の温度にも注目です。

アスファルトが60度程の温度に対し、土の上は20度~30度程度しかありません。
土の上を歩いていてもせいぜいほんのり暖かい程度の温度です。
もちろん火傷はしません。
それどころか芝生が熱を吸い取り、足が気持ち良いくらいです。

土の上はアスファルトと違い、歩いた時の衝撃を吸収してくれます。
さすがに山道は厳しいという方でも、お散歩コースに土、もしくは芝生などがあれば愛犬の足に優しいコースとなります。

【お散歩中の火傷防止】やむなく炎天下で散歩する際の愛犬火傷対策グッズ

どうしても炎天下に愛犬を連れて歩かなければいけない事があるのなら、火傷対策をするべきです。

ドッグシューズ

底がゴムになっており、マジックテープで留めるものが主流です。
種類も豊富で愛犬の種類や大きさによって選べます。

最初は嫌がり履くのに苦労しますが、慣れればもう肉球の火傷とは無縁です。
様々な場所で使用できるので1セットあるとどんな路面でも対応できます。

保冷剤

夏のお散歩時には1つ持っていると便利です。
肉球のクールダウンや身体のアイシングにも役立ちます。
保冷バッグとセットで持っていく事で飲み物も冷やせ、熱中症対策には有効です。

硬くならないソフトタイプの保冷剤は、犬のクビにも巻きつけられます。
犬専用の冷却バンダナなどと組み合わせて使う事で熱中症対策の効果を発揮します。

関連記事一覧