【犬にみかんをあげてもいいの?】みかんの与え方注意点をご紹介


【犬にみかんをあげてもいいの?】みかんの与え方注意点をご紹介

犬はみかんを食べていいのか?

基本的には人間のものはあまり犬にあげるのはできるだけさせてほしいですが、室内で犬を飼う家庭が増え、隣で物欲しそうな目線を感じてしまうとついつい負けてしまうなんていう飼い主さんも多いかと思います。

みかんは私たちの生活の中でバナナやイチゴと同じくらい身近な果物です。
私たちにとっては食べても健康被害は出ませんが果たして犬にとって、みかんは有害なものなのか、危険な食べもではないのでしょうか・・

結果は、みかんは犬が食べても中毒に陥るような成分は入っていないので基本的に食べても問題ありません。むしろみかんには犬の健康を保つうえで役に立つ栄養素も多く含まれています。

ではみかんにはどんな成分が含まれているのでしょうか。ご紹介していきます。

【みかんの成分とは?】みかんの効果をご紹介


ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成にかかわってくるもので犬の皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。また鉄の吸収をよくしたり、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたりします。

クエン酸
クエン酸は犬の体内のミネラルバランスを保つのに役立ちます。また疲労回復の効果もあり、体力が低減しているシニア犬や過剰な運動をした後の犬にはクエン酸が必要となってきます。

βクリプトキサンチン
βクリプトキサンチンは骨粗鬆症やがん予防にもいいとされており、体内でビタミンAに変化して作用します。目などの粘膜を健康に保つ効果もあります。

【与えてもいい目安は?】

みかんをはじめとする果物は、主食ではなく「おやつ」として考えていただくのが正しいです。主食ではないので適正な量の範囲内であげるように心がけましょう。

体重 みかんの量
3kg~5kg みかん1房程度程度
6kg~10kg みかん2房~3房程度
11kg~20kg みかん3房~5房程度

※みかん1房平均的なサイズが約11gです

あくまでも目安となります。犬の体調に合わせて排泄物がゆるいなどの症状が与える前から見られる場合は、水分量が多いみかんを与えてしまうとより悪化してしまう可能性がありますので気を付けてください。

【みかんを与える際の注意点】

 

初めてみかんを与えるときは少い量から
みかんは水分量が多いため初めての犬は下痢を引き起こしてしまう場合があります。
またアレルギーを持っている可能性もあるので必ず初めてみかんを与えるときは少しなめされる程度から始めていきましょう。

過剰摂取 禁止
過剰摂取も先ほども出てきましたがみかんは大変多くの水分を含んでいるため体が冷えてしまうことがあります。体がひえるとまた下痢の原因にもなりますので注意が必要です。

みかんの外皮はあたえない
みかんの外皮は、消毒や、つやを出すためにワックスを塗っているものがほとんどです。
またみかんの外皮にはソラレンという犬にとって中毒性のある物質が含まれているので与えないように注意しましょう。また食べてしまったなどの事故を防ぐために犬が近くにいるときは外皮をむかないようにして予防してください。

みかんの白いスジ・みかんの薄皮・種は与えない
みかんの房にある細くて白い筋のようなものと、薄皮は消化によくありません。
これもお腹を壊す原因につながります。

ゼリーや、ジュース、缶詰など加工品は与ない
みかんはゼリー・ジュース・缶詰などたくさんの加工品が作られています。
加工品には。人工甘味料や、防腐剤、着色料が使われており、犬の体にとって有害です。

 

いかがでしたでしょうか?与えてもいいとはいえども、適切な量や、みかんの中でも与えてはいけない部分もあります。こういった知識は飼い主さんが犬に興味をもち勉強することで愛犬の健康を維持していくことになります。正しい知識をもって、ひびの生活が何事もなくすごせるようにしていきましょう。

関連記事一覧