【犬の里親に今日からあなたも】大切な家族を見つけよう


【犬の里親に今日からあなたも】大切な家族を見つけよう

犬を飼うには様々な方法があります。何気なく寄ったペットショップで運命の出会いをしてしまったり、ブリーダーから譲り受けたり様々な出会いがあるものです。

しかし、犬を飼うことはそう簡単ではありません。子供を育てるように、しつけも必要でお金もかかります。そうとはしらず、ぬいぐるみのようにかわいい子犬をみて飼ってみたもののこんなはずではなかった、引っ越しをするから飼えない、世話ができないそんな勝手な理由で犬を手放す人が残念ながらたくさんいます。ブリーダーも悪質なブリーダーは、子供が産めなくなった犬を必要がないと、捨ててしまう人もいるようです。
人間の勝手な都合で手放された犬たち・・犬にはなんの罪もありません。

犬をブリーダーから迎えるメリット・デメリット(悪質ブリーダーの見極め方)

犬を飼おうと思っている方がいらっしゃるのなら、まずは、ペットショップでもなく、ブリーダーからでもなく、勝手な都合で捨てられてしまった犬たちを助けることから始めてみませんか?

最近では犬の保護活動をしている団体も多く、犬がどのような状況で保護をされたのか、現状はどのような状態なのか記載してあるのでとても参考になります。

今回は、里親で犬を少しでも飼いたいと思っている方や、気になっている方のために犬の里親サイトをいくつかごご紹介させていただきます。

◆ペットのおうち◆
https://www.pet-home.jp/dogs/

◆いつでも里親募集中◆
https://satoya-boshu.net/

◆Lifeboat◆
https://www.lifeboat.or.jp/

◆OMUSUBI◆
https://omusubi-pet.com/

◆NPO法人ペット里親会◆
https://www.petsatooyakai.com/

里親だからと言って無料なわけではありません。それぞれの団体で、若干変わってきますが、初期費用が必要となってきます。
各サイトを覗いてもらうと、何のためにどれだけの料金が必要なのかが細かく記載されているので参考にしてください。

里親のサイトにのっている犬は、なんらかの原因があって里親にだされており、同じことを起こさないためにも、飼う前の条件というものも存在してきます。
それも、それぞれ決まり事やルールは多少変わってきますが、どのサイトも思いはただ一つ。

すべての犬に幸せになってほしい】ということです。

特に日本ではヨーロッパ諸国に比べてペットに対しての扱いがずさんです。
「高齢のため飼えなくなった」「生活環境が変わったからもう必要ない」「繁殖しすぎてもう飼えない」と人間の見勝手な都合によりたくさんの小さな命が捨てられているのが現状です。

しかし私たちは、捨てることもできますが、一つの小さな命を救うこともできます。

助けられた犬はあなたがしてくれたことを決して忘れることはありません。

新しく犬を迎え入れるときは必ず、どんなことがあっても手放すことをせず責任をもって最後まで見届けてください。

関連記事一覧