犬をブリーダーから迎えるメリット・デメリット(悪質ブリーダーの見極め方)


犬をブリーダーから迎えるメリット・デメリットを解説(悪質ブリーダーの見極め方)

そもそも、ブリーダーって何だ?
まずは犬のブリーダーがどんな存在かを知ろう!

犬のブリーダーとは?

犬のブリーダーとは、繁殖や交配、出産を手伝う仕事です。ペット業界では人気のある仕事で、ブリーダーを目指そうと考える人も多くいます。そのため、まずはブリーダーとはどのような存在で、ブリーダーになるにはどんな方法があるのかを簡単に紹介します。

ブリーダーになるための資格や届出

犬のブリーダーになるには特に資格や免許がなければなれないというわけではありません。「ペット繁殖インストラクター」などの資格も存在しますが、誰でもなれるというのが現状です。(実際には知識や経験もない中でブリーダーになる人というのは無謀です。)

ブリーダーになるための知識や経験を身につける上で一番有効なのが、すでにブリーダーをしている人のアシスタントとして働くことです。知識だけでなく、実務経験も積むことができ、ブリーダーを行う上で大切な人脈や経営感覚までも身につけることができます。その他、専門学校や通信教育で学ぶこともでき、独学でむやみに勉強するよりも体系的に専門的な知識を学習できるメリットがあります。

ブリーダーになるためには、資格や免許が必要でないといいましたが、自分で犬を交配、繁殖させるためには必要ないだけで、繁殖させて誕生した仔犬を販売するためには、自治体への届出が必要となります。
この届出は、「動物取扱業」というもので、都道府県などに対して動物を取り扱う業者であることを登録する必要があります。また、動物取扱業の登録を行う際には「動物取扱責任者」の資格を求められます。

※動物取扱責任者の資格を取得するには一定の条件(下記のいずれかを満たしている必要があります。 1.半年以上の実務経験 2.所定の学校の卒業 3.所定の資格の取得)があり、定期的に資格を更新するための研修を受ける必要もあります。

ブリーダーのことは分かったけど…
どうしたの?まだ何か気になるの?
昨日テレビで悪質なブリーダーのことを特集してたんだ、扱いがひどかったのを思い出しちゃって…
そうなんだ、誰でもなれる分、ブリーダーには悪質な業者も多く存在するんだ。許せないよね。

ブリーダーの良し悪しの見極め方

良いブリーダーの条件とは、専門的な知識や豊富な経験を持っていることといえます。犬の繁殖には遺伝学、獣医学、動物行動学など様々な専門知識が必要であり、これらの知識がないと遺伝的なリスクが高い仔犬を生む可能性が増してしまいます。健康に不安のある仔犬、情緒不安定な仔犬は遺伝的な原因が関係していることも多くあります。

血統管理をきちんとでき、健全な仔犬を生育する環境や体制が整っている質の高いブリーダーの元で生まれた仔犬は、心も体も健康なのです。

そこで信用できる優良なブリーダーを見極めるためのポイントをいくつか紹介します。

  • 全ての犬に対して鑑札登録をしています。
  • 母犬のことを大切に考えています。母体に負荷がかかるような交配頻度は避け、多くても年に1〜2回の交配しか行いません。
  • 最後まで十分に世話をできる頭数しか飼育せず、必ずワクチンを接種し健康管理を行なっています。
  • ドッグショーに出ていなくても犬の体は常に清潔にしています。

本当に信頼のできるブリーダーは、上記のようなポイントがあります。非常に悪質なブリーダーは、犬の体のことは考えず、生き物を売り物としか捉えていません。そうしたところから犬を購入することは、悪質な業者を繁栄させることにつながります。

ブリーダーの見極めも愛犬選びにとって重要な要素です。自分の目で見て話をし、信用のできるブリーダー探しをしてください。

ブリーダーから子犬を迎えるメリットとデメリット

犬を飼おうと思った時に、ブリーダーから迎えるという選択肢は持っていますでしょうか。新しく犬を迎え入れたいと思った際、いくつかの方法があります。「ブリーダー」「ペットショップ」「保護施設」それぞれ違った特徴があり、それぞれ比較してみました。

ブリーダー ペットショップ 保護施設
犬の年齢 仔犬 仔犬 成犬が多い
好きな犬種の中から選べるか 多い 少ない 少ない
アドバイス・サポート 購入前も後も充実 ある程度あり 施設によって様々
犬を見る方法・利便性 予約が必要・遠方の可能性もあり 比較的近場で自由に見に行ける 予約が必要・訪問時間の調整など
将来のイメージ 親犬や兄弟を見てイメージできる(大きさ・気質など) できない できない
社会貢献 ない ない ある

ブリーダーから仔犬を迎える一番のメリットは、安心感でしょう。その犬種のプロとしてのアドバイスや、仔犬から成犬になった際のイメージがつきやすいこと、適切な血統管理が行われていることにあります。
また裏を返せば、話をしてみる中で、それが不安なブリーダーはあまり好ましくありません。メリットが何もないとさえ言えます。

ブリーダーから仔犬を迎えるための準備

ペットショップから買う場合同様、ブリーダーから仔犬を迎える場合も、何から何まで用意してくれるわけではありません。我が家に仔犬が来ても大丈夫なように必要な物を揃えなければいけません。

そこで、ブリーダーから仔犬を迎えるために準備する物をご紹介します。

1.ペットサークル

仔犬にとって安心できる「住まい」がペットサークルになります。仔犬が我が家に来たら、最初は部屋の中で自由にさせるよりも、ペットサークルの中に入れるようにしましょう。
そこでトイレを覚えさせたり、人と一緒に暮らすことを覚えさせます。最初から自由にし過ぎると、けじめや主従関係も築けませんので、ペットサークルは必要になります。

2.寝床

寝床は、毛布やバスタオルでも十分です。仔犬が新しい環境で不安にならないように、事前にブリーダーに渡しておき、親犬の匂いをつけておいてもらうなどお願いしてみるといいかもしれません。汚れたら洗いますので、複数あるといいでしょう。

3.ペットシート

室内で犬を飼う場合は必須でしょう。トイレをする場所に使用します。犬は賢い動物です。正しく教えれば必ずペットシートの上でおしっこをするようになります。〔トイレのしつけ方〕を参考にしていただき、褒めながら教えるようにしてください。

4.ドッグフード

ブリーダーが与えていたものと同じものを与えるようにしましょう。もし別のドッグフードに変えたい場合は、仔犬が新しい環境に慣れて、しっかりと食べるようになってからにします。徐々に変えていくのがポイントです。

5.食器

ステンレス製や陶器製の物など様々な種類があります。仔犬が倒さないような底が平らなものを選びましょう。食器はドッグフード用と水飲み用と2つ必要になります。

6.首輪、リード

必ず仔犬の体格に合ったものを選びましょう。調整する場合は、首輪と首との間に指が2、3本入るくらいに調整します。

7.そのほかにも沢山(ブリーダーから仔犬を迎えるときにあった方がいいもの)

おもちゃ 

仔犬は好奇心旺盛です。おもちゃでよく遊びます。噛むことは犬にとって大切な行動です。特に乳歯から永久歯へ生え変わりの時期には、噛めるおもちゃがあるといいでしょう。

クレートやケージ

夜にひとりで寝かせるトレーニングなどにも使用できます。サークルと繋げて寝床にしたり、動物病院に連れていく時などにも使えます。大人になっても使えるサイズのものを選びましょう。

グルーミング用品

爪切り、歯磨き、ブラシ、耳掃除、シャンプーなどは仔犬の頃から行います。むしろ仔犬の頃から慣らして置くことが大切です。シャンプーは低刺激のものを使用し、ワクチン接種から2週間ほど過ぎて、仔犬の体調がいい時にしてあげてください。ブリーダーの方に聞けば、オススメを教えてもらえるはずです。

豆知識〔日本と海外のブリーダーの違い〕

ブリーダーの違いを単純に比較することはできませんが、日本と海外ではブリーダーに対する考え方が大きく異なります。

イギリス、フランス、ドイツなどは、ブリーダーは専門性の高い職業とされており、専門の資格が必要となります。
また、イギリス、アメリカ、ドイツでは、ブリーダーになるために届出をするのではなく、認可制や許可制となります。そのため、ブリーダーとして適切かどうかは行政の判断となり、日本と比べると非常に高いハードルがあります。当然、違反をした場合、禁固刑などの重い罰則規制が設けられています。日本では罰金程度の罰則しかなく海外と比べると軽いものとなります。

なぜ国によってこうも大きな違いが生まれるかは、行政のペットに対する考え方、ペット産業の捉え方の違いに寄るところが大きいでしょう。

残念ながら日本のブリーダーは犬好きの方が比較的簡単にブリーダーになれるケースもあり、業界全体として専門知識や経験が海外のブリーダーに遠く及ばないのが現状です。とはいえ、日本にも専門知識を持った意識の高いブリーダーも数多く存在しますので、そうした優秀なブリーダーを見極めることが大切になってきます。

これでブリーダーから安心して犬を迎えられるね!

関連記事一覧