犬とチョコレートの危険な関係をわかりやすく解説


犬とチョコレートの危険な関係をわかりやすく解説

人間にとって、チョコレートは生活に欠かせない食べ物にです。。疲れた時、甘いものが食べたい・・そんな時は必ずチョコレートが出てくることでしょう。きっと犬もあの甘くておいしいチョコレートを口にしたら病みつきになるに違いありません。

しかし、犬がチョコレートを食べてはいけないのはご存じでしたか?
チョコレートをたべてはいけないのは比較的有名な話です。この記事を目にして知っている!という方も多いはずです。
では、なぜチョコレートを食べてはいけないのか、理由まで知っていますか?
今回は食べてしまったらどうなるのか、食べてしまったあとはどうするのかをご紹介します。

チョコレートの危険性

チョコレートを食べるとどうなるのか?

チョコレートには中毒症状を引き起こすと言われているテオブロミンという成分が含まれています。テオブロミンはチョコレート以外でも、ココアパウダーにも含まれているので注意してください。

テオブロミンはカカオ豆などの植物に含まれるアルカロイドの一種です。アルカロイドの代表的なものとして、タバコに含有されるニコチン、コーヒーやお茶に含まれるカフェインなどがあります。
人間がこのテオブロミンを口にしても、肝臓で分解し毒素を体の外に出すことができますが、犬はテオブロミンを分解・排出する能力が、人間に比べるとはるかに低く、体内に毒素が長くとどまってしまいます。
体の中に長い時間とどまった、テオブロミンは結果として犬の体の中で中毒症状を引き起こしてしまいます。

中毒症状を引き起こすとどのような症状が出るのか?

犬がもしチョコレートを食べたりしてしまった場合、以下のような症状が現れます。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • おしっこを頻繁にする
  • 痙攣・震えをおこす
  • ぐったりする
  • 興奮する
  • 不整脈

チョコレートを食べてしまってから症状が出るのは、6~12時間後といわれていますが、24時間以内は油断してはいけません。症状が深刻になると、昏睡状態になり、最悪の場合死に至ります。

どのくらいの量なら大丈夫なのか?

もし犬がチョコレートをたべてしまったら・・いくら注意をしていても、事故が起きてしまうこともあります。中毒症状を引き起こす目安を紹介します。
犬がテオブロミン中毒になる量は、体重1kgあたり約50mg~100mg前後のテオブロミンを摂取してしまうと中毒になるといわれています。
10kgの犬なら約500mg~1000mgの量で中毒症状をおこしてしまうことになりますね。

テオブロミンはチョコレートの種類よって含まれる量が変わってきます。

種類 / 量 テオブロミン量
カカオ70~80%のチョコレート 50g 約400mg
カカオ60~39%のチョコレート 50g 約320mg
カカオ45~59%のチョコレート 50g 約250mg
ミルクチョコレート 50g 約80~120mg
ホワイトチョコレート 50g 0mg

50gという数字は日本でよく見かける、板チョコ1枚の量なのでイメージしやすいのではないでしょうか。

犬がチョコレートを食べてしまったらどうしたらいいの?

犬がチョコレートを食べてしまったらまずは一刻も早く動物病院に連れて行くのがベストです。動物病院で説明する際はどの種類のチョコを食べたのか、チョコレートの袋や、チョコそのものを持っていくとよりスムーズに処置ができます。

現状、デオブロミンを解毒する薬剤は存在しません。動物病院では摂取直後であれば体の中に入ってしまったものを吐かせるという行為を行います。
うまく吐かせることができなかった場合は胃の内容物を洗い流す胃洗浄が行われます。

 

チョコレートは犬にとって中毒症状をひき起こしてしまう大変危険な食べ物です。
犬が届く場所にチョコレートを置いていませんか?袋に入っているチョコレートでも器用な犬だと袋を開けて食べてしまう子もいます。
事故につながらいないためにも飼い主が日々の管理をしっかりし、お互いに生活していきやすい環境を作ってくださいね。

関連記事一覧