犬も歯磨きが必要なの?正しい知識と歯磨きの方法!


犬も歯磨きが必要なの?

犬にも歯磨きが必要なのか・・?犬が末永く健康で、おいしくご飯を食べてもらいたい!そのためには犬も歯磨きが大切です。見える部分はきれいに見えても犬の口元をよく見ると奥歯や犬歯の付け根には歯垢や歯石がびっしりついていて驚く方も多いと思います。

『うちのこはだいじょうぶ』なんて思っていませんか?実は3歳以上の成犬の約8割が歯周病又は歯周病予備軍といわれています。
歯磨きをしていない子はほとんどの確率で残念ながら歯周病になってしまっているんですね・・

犬の場合約2日~5日で歯垢から歯石に変わります。これらは、歯周病だけではなく、歯槽膿漏、口臭の原因、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうなんとこともあるんです!
歯周病になってしまった場所が悪いと、目の下に膿がたまり腫れてしまったり、歯周病菌が血液で体中に運ばれ、心臓や腎臓、肝臓などの内臓の病気を引き起こしてしまうとても怖い病気です。

ここまで読んでいただいたら、歯磨きしなくていいやなんて思う飼い主さんはいないと信じています!

しかしながら突然、歯磨きを始めてすんなり受け入れてくれる犬はなかなかいません。
何事も最初が肝心!といわれますが、今からでも遅くないので歯磨きをはしっかりおこなっていきましょう。

犬の歯磨きはどうしたらいいの?

歯磨きをしたことない犬は突然歯ブラシを向けられても抵抗するでしょう。
特に歳を重ねた犬になればなるほど、歯磨きに慣れてもらうには飼い主の根気が必要になってきます。慣れてもらうための手順をご説明いたします。

★犬の口周りを触り、触られることに慣れてもらう

・犬の口周りは敏感な場所なので触ると嫌がる犬も多いです。まずは口周りを触ることから はじめ触のを嫌がらなくなったら、十分にほめてあげてください。

口周りすらなかなか触らせてもらえない・・という犬には飼い主さんはおやつを握ってこぶしの中のおやつを食べさせてください。そうすることで自然と口元に触れることにな ります。

触られることに慣れたら、少しずつ触っている時間を長くしていきましょう。

  • 触られることになれたら、最初は口は閉じたままでいいので、唇をめくってみたり、歯や歯茎を触ってみます。じっとしていられるようなら、また十分に犬をほめてあげてください。その後は歯茎の所をマッサージをするように少し指の腹に力をいれて動かしてみたりして下さい。
    マッサージすることや触ることに何も抵抗せずにできた際は必ずほめてあげましょう。
  • その後奥歯のほうまで指を入れて、奥歯を触られることにも慣れさせるようにしてください。

★ガーゼ(犬の歯磨きシート)を利用して歯を磨いてみる

犬の歯まで触れることができたら今度は指ではなくカーゼを利用しましょう。
ぬるま湯で濡らしたガーゼを指に巻き付け、歯を磨いていきます。
前歯から初めて徐々に奥歯へと進めていきましょう。

ここでの注意点は、途中犬にガーゼを引っ張られてしまわないようにしっかり指に巻きつけて誤って犬が食べてしまわないように注意してください。

しっかり、犬の歯を磨いていくと徐々にカーゼに、歯垢がついてきますが、歯垢で汚れたカーゼはきれいなガーゼにこまめに変え、またぬるま湯で濡らして歯磨きを始めてください。

★歯ブラシに慣れさせる

カーゼだけではなかなか細かな歯垢を落とすことができないので、カーゼで慣れさせている最中についでに歯ブラシにも慣れさせておくとよいでしょう。

壊してもいい歯ブラシを、噛ませたり、なめさせたりして、ブラシの感触を覚えさせます。
感触を覚えれる際は目を離さないように注意してください。

歯ブラシの感触にも慣れた様子なら、まずは歯ブラシで歯と歯茎に触れることに慣れさせ、ガーゼの時同様に前歯から奥歯へと進めて下さい。

歯ブラシで磨くことにも慣れたら、最終ステップは歯ブラシに、犬用の歯磨きペーストやジェルをつけて歯磨きしてみてくださいね。

歯磨きの頻度

あなたは毎日歯磨きしますか?犬も同じで毎日歯磨きをする気持ちでいてください。犬の歯垢が歯石に変わるのはおおよそ2日~5日の期間です。歯石に変わってしまうと、一般家庭ではとることが困難となり、トリミングサロンや動物病院でプロの力が必要になってきます。歯石ができてから対処するのではなく、歯石ができない口内環境を作るのが飼い主の役割ではないでしょうか?

歯磨きは小さいころから慣れさせることが重要ですが、成犬になっても、飼い主の根気があれば必ず、歯磨きができる犬になっていきます。今から始めることが大切です。

犬とのスキンシップの時間にもなるので、愛犬の健康寿命が一日でも長く続くよう、家族みんなでサポートしてあげてくださいね。

関連記事一覧